家族

子供のためを思うなら、妻の事を大事にしないとダメなんじゃないか

題名からすると何やら投げやりな感じも受け、情報の真偽についてもはっきりとしませんが、私にも身につまされる事がありました。 anond.hatelabo.jp リンク先の主張では会社が大変な時であり仕事が忙しかったため、家族と不仲になってしまった、でも子供の事…

がんばって働く事が自分をダメにした。

おれ、がんばって働いてたと思うよ。 新卒採用から20年近く働いて曲がりなりにも仕事を任されるようになったし、それなりに給料も貰えるようになりました。これは自分なりにがんばった成果だと思っています。がんばる事は素晴らしい。がんばったおかげで給料…

虐待死のニュースを通して、自分が出来る事を見直したい

親の虐待によって不利益を被る子供たちがたくさんいて悲しい気持ちになる。 千葉・女児虐待死 心愛さんアンケ 担任聞き取りに「なぐられる10回」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 親はしつけという理由を作って子供たちに危害を加える。それは、しつけって言わ…

子供たちのいいところ探し

他の子のいいところ探し 息子(小一)に難儀な宿題が出されていました。それは、お友達の良いところを探して発表するというものです。 私も妻も昔あったよねぇ~という感覚で覚えていました。学年が変わっても、ちょいちょいやっていたような気がします。私が…

それでも年始は家族で集まるのだった

今更ですが、明けましておめでとうございます。 ダラダラとした正月を過ごしました。特別な理由もなく人が集まるだけで、今はダラダラしててもいいんだなという錯覚に囚われ、自分だけ何かを頑張るのも面倒だなぁと思いあっという間に休みが終わってしまいま…

ロボット掃除機を使って効率化

師走に向かってまっしぐらの11月ですが、寒くなると掃除も億劫になります。我が家は共働きで掃除が嫌いという事もあり、2台のロボット掃除機があります。 2台も要らなくね?という所ですが、田舎住まいのため2階建てに住んでおり1Fはルーロ、2Fはルンバ…

ママ閉店は無理でもママスタンバイくらいにはしてあげたい

「ママ閉店」というワードに対して、盛り上がっていました。私が興味深い内容だなと思った尊敬するブロガーのお二方のブログをリンクさせていただきました。 「ママ閉店」と「違法残業」 - ←ズイショ→ 「家事をやらないオット」と「ママ閉店」について家事を…

おじさんの夏休みの宿題

いつもなら眠そうな目をこすりながらスマホを見つめる多くのサラリーマンを乗せる乗車率200%を超えそうな通勤電車も、学生たちが夏休みに入った事から少し余裕ができるようになりました。名古屋は40度を超え、殺人的な暑さを記録しています。 自分の子供たち…

お金以外の理由で定年後も働けるだろうか

「暇だから、もう少し働こうと思って。」 こんな趣旨の発言をしたのは、定年退職したマネージャーです。酒が好きで、定期的に居酒屋で飲んでいるようでした。私の会社では数多くの人が早期退職を選び、多忙な仕事生活からの脱出を試みるというのが通例になっ…

親の心配をすべき歳になったと気づかされた

大阪で大きな地震があって、塀の下敷きになってしまった女の子を思うと胸が苦しくなりました。自分の子供と同じ学年で性別も一緒。もし、我が子だったらと想像すると、平常心ではいられなくなるだろうなと思います。学校って比較的安全場所で、災害時には避…

明日があると思えるから、頑張れる事もある

夏が近づいていますね。 外に出れば暑くて、部屋のなかがクーラーで寒い。人によっても感覚が違うし適切な温度設定って難しいと思います。体感温度の調整も大切なのですが、心の温度調整も大切です。私は仕事が立て込んで来るとアタフタとして熱っぽい感じに…

鬱になりそうな自分を救えるのは自分しかいないと考えておきたい。

仕事は好きですか?私は嫌いです。でも、全部じゃなくて好きな仕事もあります。好きな仕事だけを頑張れたらいいのに、嫌いな仕事ほど頑張らなくてはいけないから仕事が嫌いになっていく。日本の会社って難しいと思います。 仕事でココロを病んでしまう方が一…

90歳の運転手と刃物を持った不審者はどちらが危険だろう。

headlines.yahoo.co.jp 子供を持つ親として、交通事故と不審者に関するニュースにはついつい耳を傾けてしまいます。数が多すぎて、特別な事ではなくなりむしろ日常的にあるから、どうやって対策を打っておくかの方が大切だなと思います。大人でも巻き込まれ…

「もったいない」を考え直すべき時もある

もたないこと と もったいないこと 無邪気に、はしゃぐ子供たちを見ていると非常に羨ましい気持ちになります。あれも欲しい、これも欲しいと雑誌を眺め大人になったら欲しいものを買うぞ!と意気込んでいました。特にゲーム関係はそれなりに高価であると同時…

仕事の優先度を「怒られたくない順」にしてるヤツっていませんか?

太陽はサンサンと輝き、徐々に暑い時期にシフトしてきました。日の出ている時間が長くなって、一日って長いなぁと感じます。その反面、気がつけばGWも終わってしまい「休み明けにしましようか!」と逃げた仕事が大挙して押し寄せて来ました。逃げ切ったと思…

思い出の品を捨てながら、綺麗な思い出を残す事が難しい時代だと感じたのです

あっと言う間に過ぎ去ったGWはいかがお過ごしだったでしょうか。 今年は泊まりで出掛けることもなく、時間だけはたくさんありました。いや、あったはずでした。何も手元に残ってはいませんが、確かにのんびりと過ごしたはずです。 空っぽでも、それでいいん…

夏のハラスメント注意報

夏が近づいてきました。 日中の気温が25度を超える日も多くなりました。春が終わり夏が来る。 ふとカレンダーを見れば、今年も一年の四分の一が終了。時がたつのはとても速いです。 夏がこれば暑くなりますよね。そろそろスーツの上着を脱ぎ、ネクタイを外し…

嫌いなものを好きになるためには、何度もやってみるしかない

ポカポカとした春の気持ち良さのため、なんとなく気持ちが上向く季節である反面、新年度、新学期、フレッシュマンといった新しい気分になれる存在がちょっと邪魔くさく面倒くさく、ちょっとした悩みの種になりながら早くも四月が終わろうとしています。何か…

小さい事でも目標は目標、成果は成果なんですよ。

春は変化の季節 春になって気持ちも穏やかに過ごしたい。しかし、春は色々な変化があるので落ち着いてはいられない・・・こんな時期に何かを始めようとすると、それなりに強い意志がないとできないと思います。新生活を始める皆さんがんばれ。 わたしの同僚…

お前のほかに誰がやれるんだ?の勘違い。

コミュニケーションが苦手な皆さま。いかがお過ごしでしょうか。 「なぜ、理解できないの」と言われ、「あなたの説明が悪いんです」と言えない自分…そこは大人の対応を見せ「申し訳ありません。私の理解では〇〇ですがあってますか?」と下手にでる事で、相…

言われた事しかできないと言われても、自分の役割を決める事の難しさよ

春。それは人事異動のシーズン。 異動先では右も左もわからなくて苦労されている方も多くいらっしゃることでしょう。異動したてで勝手がわからない中で思い切った行動をするのは難しいものです。そんな中で「言われた事しかできないやつだな!」と言われて怒…

「正しさ」をシンプルに子供に教える事が難しいと感じています。

すっかり春を感じるようになりましたがいかがお過ごしでしょうか。春といえば何かが変わるタイミングです。身近な所では電車の時刻表の変更やテレビ番組の改変期だったりしますが、私の息子には大きなイベントとなる卒園式がありました。 実は卒園式に参加す…

退職するお偉い様に対する部下たちの忖度

それは敬意払う事なのか、ただの忖度なのか 長い間、私の部門のトップに君臨されていた方が退職されるようです。年齢を考えると定年ではないとの事で、何やら考える所があり今の地位から退くことを考えられたようです。事業として、あまりうまくいかない時期…

産休に入る同僚に向けて

これから産休に入る同僚の女性と話をしている時、「働かないと子供の教育費が足りなくなるので仕事を辞めてはいけない。」と言う話が出ました。単純に考えたら当たり前と言ったら当たり前の事。養う人が一人増えたら、その分お金が要るって話でしょうから。…

生産性を上げるのは誰か

生産って言うくらいだから何か生み出している 生産って言うとサービスや付加価値を生み出す事だそうです。つまり誰かに必要とされるものを作り出す事と言えます。逆に言えば誰にも必要とされないモノづくりをする事は生産ではないという事ですね。ネットの世…

退職する後輩を見送る

また後輩が退職する 彼(私の後輩)との縁は、彼が2年目の時になると思う。今から10年以上は前になるだろうか・・・。ずっと一緒に仕事をしてきたわけではないけれど、つかず離れずの距離を保ちながら同じ部署にいた。プライベートでも何回か遊びに行った事…

裁量労働に残業の考え方があるのあろうか

裁量労働について議論されているようですが、裁量で働くのであれば残業という考え方は無くて、仕事の時間が短くする必要があるかと言えば、そうでも無いという所から始まっていると考えていました。 もっと言えば、ウチの会社では残業時間をカットさせる体の…

心の休暇はどうやって取ればいいのだろう

最近は忙しく働いているため、心が少しずつ擦り切れるように感じる今日この頃です。「お母さん、私は元気です。」と言えるほど元気も出ないですし楽しい仕事をしているわけでもありません。 そんな心が荒んだ平日を過ごした後の土曜日はとても開放的な気分に…

出口の見えない出口戦略

子供の頃に想像した40代は、間違いなくサラリーマンだろうなと考えていました。もっとも、私は幼い時から父親がいなかったため、子供心に抱くサラリーマンとはテレビで出てくるイメージ(営業職のパターンが多くクライアントから罵声を浴びせられる。夜には…

何かに挑戦するたびに自分はバカだなぁと思う

新しい事を始めたばかりは知らない事は多いのだけど、それに対して自分はバカだなぁと感じてしまう事が多いのです。何処からどこまで知っていれば賢くて、どこまで知らない事がバカなのだろうかと。 世の中には賢い人と、賢くない人がいるのだけど、何が賢く…