読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごみ捨て

3月は引っ越しシーズンでもあります。今の自分は引っ越しとは完全に無関係ですが、大物の不燃ごみを捨てました。

(ステンレスラックとゴルフバッグを廃棄)

 

長いこと鎮座していたものを捨てるときは、なんだか申し訳ないような気持ちと同時に晴れやかな気持ちになりますよね。

 

申し訳ない気持ちは、「無駄にしてしまって、ごめんなさい」と誰かに言い訳してる気がする。幼い頃、母親に怒られた事を思い出しているのかも知れない。

 

自分が買えたものは、似たような物が買えるに違いない。今は捨ててしまおう。自分をシンプルにしよう。

 

四十代ともなれば、少しずつ身軽になっていかないといけないと感じるのです。自分の回りがごちゃごちゃしていたら、大切なものが見えなくなるし、余計な時間もかかる。

そうしたら、ひとつひとつの事を大切にできなくなるだろうし、もし大切にできないものは、本当はなくてもいいものなのだと思うから。

 

家族や自分を大切にする事を考えていこう。