読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「退職予測」されちゃう未来


的中率90%、「退職予測」AI開発者の思い (Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース

 

普段気にしないような小さな情報から退職予測ができるようになるらしいです。

「月曜の出勤時間の微妙な変化や遅刻、残業、早退、打刻忘れなどから、AIエンジンが7000以上の退職影響因子を作成して予測する」という。

所属する会社や、個人の属性に合わせて、ある種の傾向がある事は不自然ではないため、洗練されていけば、予測が当たるようになると思います。退職の原因が人間関係や仕事のミスマッチであるならば、会社として対策を打てるという事は人事として大きなメリットになると思います。

 

なぜ退職予測が必要なのか?

退職する事の損失は、優秀な人材であれば、「戦力が失われる事」でしょうし、若手であれば「人材育成にかかった費用を回収できない」なんて事があるように思います。会社としても会社の利益にならない人間は解雇したいというのが本音でしょうから、会社に貢献できる人間を囲い込むために退職予測は必要なのだと思います。後は、セクハラ、パワハラと言った反社会的行為に対して会社が訴えられないようにする対策もありそうです。

常々、退職理由の上位に「人間関係がうまく行かない」事がランクインするので(本音かどうかわかりませんが。)人間関係に対して対策を立てる事により「本当は働きたい」と言う人の退職を防ぐ事が可能になるかもしれません。

 

予測結果をどのように伝えるのか 

予測が得られたとしても、本人に伝える方法が難しいでしょう。「お前、退職予測にリストアップされてるぞ。」なんて聞こえて来たら、ザワッとしますよね。会社側がいくら社員に対してこのような施策を行っている事を伝えてあったとしても、社員側には「何かしら不利になるのではないか」と言った、レッテルを貼られる事に対する心配も生まれます。本当に離職を予定している人なら会社での問題は無いかも知れませんが、他人から退職予測を告げられる事に嫌悪感を抱く人もいると予想されます。

 

予測と現実の境界

 当たり外れはあるとして、人間の感情は常に動いています。「辛いなぁ、でも、今は頑張ろう」と頑張っている人に対して、「もしかして退職したいと思っていませんか?」と言われたらどうでしょう?もう少しライトに「悩みはありませんか?」と言われたら…誰しも悩みはあるし、会社を辞めたいと思うことは一度くらいあるでしょう。予測の結果からとは言え、他人からそのような事を言われてしまうと、自分の気持ちも「辞めたいと思ってたんだ。」と誘導されてしまうのでは無いかと思うのです。そうなると、予想が現実になる確率が上がってしまうような気がしてなりません。また、もう少し頑張ろうと息巻いていた人の出鼻を挫く事に繋がる可能性もあります。人の心を分析する事の難しさがあるように思います。

 

もしかして犯罪予測まで?

すでに犯罪予測は検討されていると思います。日常的に反社会的な行為をしている人が犯罪を犯す可能性は高いと言えるからです。しかし、殺人などの凶悪事件の犯人が目立たない、普通の人と言うのがありがちな話になってきました。逆に考えると、社会の目から逃れているからこそ、犯罪を犯しても見つからないと思っているのではないかと考えてしまいます。そんな世の中で、町中に監視カメラが増えて、色々な人の行動が監視されていると考えると、犯罪予測が進めば目立たないけれど何か引っかかる人が出てくるかも知れません。しかし、いくら予測しても犯罪行為に至る前は捕まえる事はできません。もし捕まえてしまえば冤罪になってしまいます。予測を行う事は特に問題はないと思いますが、どのように生かしていくかと言うのは大きな課題なのだと思います。
自分は不穏な行動はしていないから大丈夫だと思っていても、犯罪予想に適合してしまったら…ちょっと不安になりますね。

 

まとめ

人間は未来を知る事が出来ないので、 何とかして未来のリスクを抑えようと試行錯誤するけれど、結局、予想でも予測でも当たらない時は当たらないという現実は残されると思います。だから、人間を分析する研究はどんどん進めて行って欲しいと思いますが、分析された結果に振り回されない人間を育てる事も大事なのだと思います。もし、多くの人が予測に頼るようになったら、最終的に自分で判断するという事が出来なくなってしまうのではないでしょうか。間違ってもいいから、自分が決断する事が経験となり血肉となっていくように思います。更に、AIなどによる予測はあくまでも有能なアドバイザーとして発展していってくれるといいなと思うのです。たとえ100%の判定が出たとしても、あえて人間が判断できる選択肢をいくつか与えてくれるような。そうする事で人間の可能性を広げてくれて、予測を超える何かが得られるようになれば、人間にとってより良い世界になるような気がするのです。

 

 

おしまい。

 

 

 

データのバックアップしろと簡単にいうけど


「WannaCry」感染の98%は「Windows 7」で「XP」はほぼゼロ (ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース

 

PCのウィルスは日々進化していくので、色々な機能を身に着けているのですが、一般人から見たら「迷惑なもの」という認識しかないと思います。

 

根本的な対策は「定期的にバックアップを取っておく」という対策しかないという事なのですが・・・。簡単に言うけど正しくバックアップを取るというの素人にはかなり難しいのではないかと思うのです。

 

  1. 定期的に取得する必要がある
  2. 別の装置に取得する必要がある
  3. 確実に消去する必要が有る

 

この辺ってあまり語られないような気がするのです。細かい内容はありますがざっくり気になる事を書いてみます。

 

1.定期的に取得する必要がある

ウィルスには潜伏期間があります。病気にかかっても暫くの間は発症しないというアレです。という事はバックアップしたファイルにウィルスが入っていたら、発症していないだけかも知れないため、バックアップから復元したらウィルスを発症した!という可能性があります。となると、潜伏期間とデータを失った時の損失を考慮すると概ね1か月毎に取るという事が望ましいのではないかと思います。かなり面倒。

 

2.別の装置に取得する必要がある

自分が作成した情報はハードディスク(HDD)中に記録されている事は理解されていると思うのですが、バックアップを同じハードディスクに保存しても根本的な対策にはなりません。データを削除してしまうウィルスだったらバックアップもろともデータを削除されてしまう可能性が高いです。データに対していたずらをするウィルスから見れば、同じようにデータなのでバックアップかどうかなんて関係ないのです。個人利用で確実なのは1度しか書き込む事の出来ないDVDやBDなどでしょう。これならデータを書き換える事が出来ないのでウィルスも手を出す事が出来ません。しかしハードディスクに保存できる容量はDVDやBDに対しては桁違いに多いので全てをバックアップするにはかなりの枚数が必要になります。かなり面倒。定期的にこの作業をやるのは現実的ではありません。何十枚、何百枚と必要になる可能性も否定はできないのです。

お金をかけられるのであれば、外付けのHDDを買って丸ごとコピーしてしまうのが確実だと思います。普段使いしてしまうと、外付けの方にもウィルスが感染してしまう可能性がありバックアップの効果が薄れるため、通常はパソコンから外しておく必要が有ります。使い方としてはかなり勿体ないです。

 

3.確実に消去する必要が有る 

バックアップを作るというのは、即ち複製を作る事と同じです。油断すれば個人情報の塊になってしまう事になります。個人情報にそれほど気にしない方は問題ないですが、バックアップしておきたい大事な情報であればあるほど、個人的な要素が強く出ると思います。DVDやBDに保存した場合、外付けのHDDにコピーした場合もいつかは不要になる時が来ます。それは壊れて動かなくなった時です。しかし、気を付け無ければならないのは、良くも悪くも世の中にはデータ復旧サービスがあるという事です。素人的に動かなくなったHDDも専門家なら普及できてしまいます。したがって、コピーを増やしていくという事は情報漏洩のリスクを増やす事に繋がってしまうのです。心配性であってもバックアップを増やす事は違う心配を増やす事になりかねないのです。

 

クラウドも選択肢ですね

クラウドというと言葉が難しいですが、簡単に言えばインターネットの向こう側にある企業のソフトやハードディスクを貸してもらうようなサービスです。企業のハードディスクにデータをしまって置ければ、個人としてバックアップを行う必要は無くなるので手間はありません。ただ、企業と言ってもパーフェクトではないため、情報漏洩などのリスクはあると思います。流出してもそれ程ダメージはないけれど、ずーっと取って置きたい写真などであればクラウドという選択肢もあると思います。無料で置く事も可能なので使い方次第では便利かなと思います。

 

終わりに

 毎日バックアップを取る事が望ましいのは言うまでもありませんが、自動化できないと作業自体が面倒になり、取るのをやめようとなりがちなので、何事も費用対効果というかバランスが重要かと思います。失ったら困るものから優先的に複数に分散さんさせて保存しておく必要が有ると思います。

そして最大のバックアップは、印刷してしまう事かもしれません。

 

おしまい。

不幸の裏返しは幸福ではない気がした

またしても仕事が忙しくなって、心が亡くなってきました。

 

不幸な事とは何だろう

不幸だなと思う事は色々あると思います。

軽い不幸から

  • 朝、飲もうとしていたコーヒーをこぼしてしまった。
  • 走っていたら転んでしまって怪我をしてしまった。
  • 電車に乗り遅れてしまった。

重い不幸もあります

  • 車で事故を起こしてしまった。
  • 身内に不幸があった

私がやりたくない仕事がいくつか舞い込んできて、不幸だなと思った時に、不幸の裏返しは幸せ(幸福)なのだろうか?と疑問がわいたのでした。しかし私が頭に思い描いた不幸は裏返しても幸せには到達せず、裏返しは「いつも通りなら良かったのに。」という思いにしかなりませんでした。

 

不幸の裏返しは何だろう

取り返しのできない重い不幸があった場合を想像しても、それは変わりませんでした。「事故が起きなければ幸せだったのか?」と言う問いには、YESと答えるだろうと思います。けれど、事故を起こす前は「日常」でしかなかったはず。何かしらの不幸が訪れたタイミングで、頭の中では「日常は幸せ」にすり替わるのです。

不幸を基準から見た日常=幸福 が成り立つのではないかと。

 

日常が不幸の連続であれば、心がどこに向かうのかと言うと、あの世に向かってしまうのかなと思ってしまいます。そう思うと、普通に日常生活が送れると言うのは非常に幸せなんだ、と気に留めておく必要が有ると思いました。

 

幸福とは何だろう

 その反面、もっと幸せになりたい、自分のやりたい事をやりたいという幸福欲求に際限はなく、それこそ「日常が続く事が幸せ」という事に対してすら、日々、歳を取っていく中で日常は同じ形を保ってはいられないという現実があります。嫌な事を避け、なるべく穏やかに生きようとする事でさえ、幸せ欲求を満たしながら生きている事になるのではないでしょうか。

 

そうなると、「日常を超える幸せ」を叶えるというのは、相当なパワーが必要ですね。プロスポーツ選手や金メダリストが非日常的な幸せを掴んでいる事から幸せになるための素質や努力の仕方が一般人に比べたら全く違いますよね。「体を鍛える事=日常」になる事がスタートラインで、更に日常を超えた所に幸せがあるんだなと思うのです。

 

***

 

まとめ

人の手ではどうしようもないラッキーやアンラッキーは存在すると思いますが、それ自体にも要因があります。宝くじが当選するためには、宝くじを買う必要が有るし、電車で事故に合うためには、電車に乗っている必要が有ります。そのように考えれば、人の手でできる不幸を避ける小さな努力(車に乗ったらスピードを出しすぎない、電車に乗る時は早めに出かける)や、幸せになるための小さな努力(なるべく体を動かす、人との挨拶を欠かさない)と積み重ねを「日常」とする事により「日常」のレベルが上がり幸福へ繋がる事なんだと思うのです。

 

結局、不幸を裏返しても日常に戻るだけ。日常が幸福になる努力を惜しんではいけないなと思ったのです。日常を奪うようなリスクはなるべく避けるようにして、自分の幸福を自問自答しながら努力をしていきたいと思います。

歳を取ると幸福なんて大層な言葉はいらないから、毎日が満足できる日々である事が一番大事だなと心から思うのです。

 

おしまい。